30代からの知ったか教養ブログ

教養をつけて人生を変えるぞ!

教養といえば芸術

日曜日に

あいちトリエンナーレ2016

に行ってきた。

 

トリエンナーレというのは、現代芸術家の作品の展示が行われるイベントだ(多分)。

2010年から、3年に一度開かれているらしい。

 

教養といえば、思いつくのは哲学と芸術。

というわけでトリエンナーレに行ってきたわけである。

 

今回トリエンナーレに行くことを決めたときには、トリエンナーレという名前は聞いたことがあったが詳しく内容までは知らなかった。

芸術に関係のあるイベント、ということくらい。

 

だいたい、自分はこれまで芸術に興味があったことはない。

中学の美術の成績はいつも5段階で1だったし、芸術作品の観賞をしたこともほぼない。

ピカソの絵を見ても「おう、カクカクだな」くらいしか思わない。

芸術のすごさがわからないのだ。

 

トリエンナーレという名前を聞いたときに真っ先に思い浮かんだことは、「魔法使いのイントネーションで『鳥にな~れ』って早口で言ったら多分「トリエンナーレ」って聞こえるだろう」ということである。

教養のある人間とは程遠い。

 

ともかく、トリエンナーレに行ってきた。

 

愛知トリエンナーレは、名古屋市岡崎市豊橋市の3つの市で行われている。

自分が行ったのは、岡崎市

 

f:id:osarutan:20160830004101j:plain

受付の近くの旗

 

 

 

 

f:id:osarutan:20160830004144j:plain

受付を済ませたらサービスでもらえた。

カップの中身は、コーヒーではない。味噌汁。

愛知県岡崎市は、赤だしの八帖味噌が有名。

とてもおいしい。

 

 

 

 

さて、受付を終えて会場に入ると、作品がいくつか並べてある。

f:id:osarutan:20160830004342j:plain

なんか三角形のクッションっぽいものが置いてある作品。

うむ、よくわからん。

わかる人にはわかるのだろう。

意味はわからんが、なんかかわいらしいのである。

 

 

 

 

 

f:id:osarutan:20160830004501j:plain

パーティション一面にはられていた写真。

これは素直にキレイだなと思った。

多分、何時間もレンズを開きっぱなしにして撮ったものだと思われる。

街の動きが一枚(?)の写真で見られる。

意味はわからんが、きれいである。

 

 

 

 

 

f:id:osarutan:20160830004841j:plain

あぁ、うん。絵だ。

芸術といえば、絵だ。

これまで絵のすごさを理解したことはないけど、ザ・芸術といえば絵だ。

絵がないとね、うん。

 

と思って右から二番目の小さな絵をよく見てみた。

f:id:osarutan:20160830005003j:plain

うむ、子供の落書きにしか見えない自分の心は腐っているに違いない。

新進アーティストの作品なのだから。

芸術を解さない人間で悪かったな。けっ。

 

 

 

 

 

 

ひとしきりアートを観賞した気分になったので、別会場に移動。

 

f:id:osarutan:20160830012331p:plain

この建物が、会場らしい。

ちょっとお化け屋敷っぽいともいえるし、廃墟マニアにはたまらなそうな外観ともいえる。

この中にも芸術作品はいっぱい展示されている。

 

 

 

 

f:id:osarutan:20160830005432j:plain

「このカーテンが、作品です」

ってスタッフの人が教えてくれた。

芸術は深い。意味わからん。

 

 

 

 

f:id:osarutan:20160830005545j:plain

「あ、あの壁にくっついてる曲がってる棒も作品です」

と、同じスタッフの人。

うむ、芸術である。よくわからんが。よくわからなすぎるぞ。

 

 

 

f:id:osarutan:20160830005714j:plain

「これも作品です」

どれが?

ただのキッチンにしかみえない・・・。

自分の家のキッチンも芸術、ということか。どういうことだ。

 

 

 

そんな感じでトリエンナーレ巡り終了。

 

帰り道で、今日見たものについて考えた。

自分にとっては「え、意味わからん」と思った作品でも、作者は何かしらの意味を込めているに違いない。

 

三角のクッション。

「クッションは普通丸いけど、お前らもっと尖って生きろよ!」

というメッセージなのだろうか。

 

 

街の長時間の動きを撮った写真。

「こんなに街は動いている。人間ってせわしないね。もっとのんびり生きようよ」

ということかもしれない。

 

 

子どもの落書きっぽい絵。

「子供のころのいたずら心、忘れていませんか」

 

カーテン。

「ふっふっふ、これが作品とは気づくまい。そう、芸術とは気づかないところに存在しているのだ」

 

 

曲がっている棒。

「人生の道は、曲がったりしながらも頑張って生きていくのさ」

 

 

キッチン。

「ふっふっふ、これが作品とは気づくまい。そう、芸術とは気づかないところに存在しているのだ」

 

それぞれの作品に、作者の色々な思いが込められているはずだ。

自分の想像が当たっているとは思えないが。

 

会場から駅への帰り道、そんなことを考えていた。

キッチンとかカーテンなどは特に、「いやいや、これが芸術だったら世の中のモノ全部芸術ですよ」と思わせられた。

そう思って周りを注意深く見ていると、いたって普通の電柱とか、アスファルトのごつごつした表面とか、錆びたポストとか、全部芸術作品に見えてくる。

 

まぁ、キッチンとかカーテンに関しては、「これが作品です」なんて言われなければ絶対にじっくり見ようなんてことは思わなかっただろう。

そこで「この作者は何が言いたいんだろう」なんて考えなかっただろう。

あのカーテンを見て、「この建物の古さと、光の加減が絶妙にセンチメンタルな感情を引き起こす。作者は昭和の良さを訴えたかったんだよ」って考える人もいるだろう。

キッチンを見て、「古いキッチンはおふくろを思い出させる。そうか、このキッチンは親子の愛を思い出させるためにあえて汚く見せているんだな。今日は親孝行しようか」なんて考える人もいるかもしれない。

 

芸術作品を見て、評価したり考えたりするのは自分なのだ。

同じ作品を見ても、見る人によって受け取りかたは違う。

 

芸術作品は、作者が鑑賞者に伝えたいものを表現したもの。

それを観賞者が受け取る。解釈は鑑賞者に任される。

最終的な評価などは、鑑賞者次第だ。

鑑賞者が素晴らしいと思えば、作者の意図はある意味で関係なくなる。

つまり、芸術というのは、作者にあるのではなく、鑑賞者の中にあるのではないか。

 

自分が見た芸術作品には、作者の意図も込められていただろう。

しかし、それを見て自分が感じたことこそが芸術なのではないだろうか。

つまり、芸術とは自分自身の中にあるのではないだろうか。

 

と、哲学っぽいことを書いてみたら、なんか教養がアップした気がする。

 

 

トリエンナーレ、芸術のことは相変わらず分からないけど、結構面白かったからまた名古屋会場か豊橋会場に行こうと思う。

 

 

 

 

 

洞窟に行ってきた

ついに、洞窟に行ってきた。

もともと一人旅の予定だったが、事情により父親と二人で行くことに。

いや、もともとは教養をアップしたくてこのブログを始めたのだから、完全に当初の目標からそれている。

 

教養をつけようと本を読んだら、父親と二人で洞窟にいた。

人生何が起こるか分からないものである。

まあ、親孝行だと思えばいいか。

 

今回行ってきたのは、静岡県にある竜ヶ岩洞という鍾乳洞。

 

f:id:osarutan:20160822002815p:plain

↑入口

 

実は、洞窟というのに行ったことがなかったので、車で竜ヶ岩洞に近づいていくほどにびっくりした。

予想していたのは、山の腹にぽっかり穴が開いている感じで、もっとさびれた場所だと思っていたからだ。

懐中電灯を持っていって、ちょっと足場が悪いけど壁づたいになんとか歩ける、みたいな。

ちょっとした洞窟探検を期待していた。

で、来てみたらこれ。

完全に観光地化されていて、まあなんだか遊園地の入り口みたいではないか。

日曜日だったこともあり、写真からは分からないがかなりの人がいた。

 

f:id:osarutan:20160822003331p:plain

↑入口入ってすぐの洞窟内

 

いやいや、足場が悪いとか思った自分が恥ずかしいくらいだ。

舗装されているではないか。

 

f:id:osarutan:20160822003421p:plain

竜ヶ岩洞の中

まあ、壁はこんな感じでやっぱり「鍾乳洞!!」って感じだったが。

 

 

f:id:osarutan:20160822003510p:plain

竜ヶ岩洞内部

 

手すりもついてるし、全然危なくもなんともない。

安心していける洞窟だった。いや、危険だったとしたらそれはそれで嫌だが。

 

ちなみに写真には撮れなかったけれど、竜ヶ岩洞の中には大きな滝があってなかなか見ごたえがあった。

洞窟の中に滝とか、ロマンがあるなぁなんて思いながら。

 

 

いやしかし、洞窟というのはもっと危険な場所だと思っていた。

足場はしっかり作られているし、家族連れはたくさんいるし。

洞窟シャーベットみたいなのも売ってるし。

ある意味、勉強になった。

 

自分「今度、洞窟に行ってくるんだ、一人で。探検だな。うん。竜ヶ岩洞ってところ。」

友人「いやいや、竜ヶ岩洞って、有名な観光地なんだから、探検って(笑)」

みたいな会話になるところだった。危ない危ない。

 

知らなかったことを知ったのだから、ある意味教養がついたということではないか。

そういうことにしておこう。

 

洞窟自体は結構楽しかったので、今度こそどこかの洞窟に、一人で行ってみよう。

洞窟に行くぞ。

一人旅をするぞ、と心に決めたものの、目的地が定まらないので、友人にお勧めの一人旅目的地を聞いてみた。

 

「一人旅 男」でGoogle検索してみたら?

 

なんともそっけない、ではなく現代的で効率的な答えが返ってきた。

 

確かに、今の時代どんな情報でもGoogle検索したら一瞬で手に入るのである。

何故思いつかなかったのか。

 

ところで、あらゆる情報がネット上で手に入るというのは考えものだ。

このブログのタイトルの一部でもある「教養」が何かという問いに対する答えを難解なものにしてしまうからだ。

 

ネットが今のように普及していなかった20~30年前は、「教養」イコール「知識」

であったと考えられる。

本を読んで知識を蓄えたおじいちゃんが「教養のある尊敬すべきじじい」だった。

今更ながら、現代は違う。

本を読んで知識など蓄えなくても、片手ほどのサイズの機械にちょちょいっとタッチすれば知識は手に入る。

子どもたちに「夏目漱石という人がいて、この人は・・・」なんてうんちくをのたまおうものなら、「ちょっと待って、検索するから。へ~、有名な小説家なんだね。文豪ってやつ?こころっていう本が有名なの?え、昔千円札に載ってたんだ、すごいじゃん。出身は・・・」なんてどんどんWikipediaの情報を読むもんだから、夏目漱石に実はそんなに詳しくない自分は「夏目漱石の話なんてしなければよかった」なんて後悔するであろうくらい、危険だ。

 

現代の教養というのは、知識ではない。

というのが言いたいだけなのになぜか脱線してしまった。

いや、ちがうちがう、旅の目的地の話だった。

 

色々検索した結果、自分がちょっとでも面白そうだなと思ったのは、洞窟だった。

 

一人旅って何していいかわからないのだから、「色々な洞窟を見て回る」というのはいいい動機付けになるかもしれない。

 

 

世界をひとりで歩いてみた

世界をひとりで歩いてみた

 

 

一人旅をしよう、と思ったきっかけのこの本は、まだ10分の1も、読み終わっていない。

一人旅をするぞ。

 

世界をひとりで歩いてみた

世界をひとりで歩いてみた

 

 

教養をアップしようと思ってとりあえず読みはじめているのがこれ。

全然教養っぽい本ではない。

もっと社会派な本とか、哲学の本を読むべきなのかもしれないが、

教養なんてどこでつくかなんてわからないのである。

自分が気になった本をとにかく読むべきだ。

 

眞鍋かをりといえば、一昔前にグラビアアイドルとして自分世代からは大人気の存在。

自分も眞鍋かをりはとてもかわいらしいと思う。こいつほんとに俺よりも年上か、と思うルックスだ。

 

この本によると、彼女は超お嬢様らしい。

なんと29歳になるまで公共交通機関の使い方がわからず、東京の駅の切符売り場で何をしたらよいか分からず茫然と立ち尽くしてしまった、というところから本書は始まる。

今までどうやって生きてきたんだ、と思ってみたが、タレントとして成功しているのでお金に困っているはずもなく、タクシーなどで移動を行い、単純に電車を使ったことがないだけのようだ。

このあたり、自分を含め一般人と違いすぎて面白い。

電車の乗り方を知らない大人なんて漫画の中でしか見たことがないが、実際にいるとは。

よく考えてみると、「電車の乗り方を知らない大人なんていない」という考えなど、自分の狭い常識の範囲の考え方なのかもしれない。

吉野家の牛丼を食べたことがない大人だってたくさんいるだろうし、居酒屋に入ったことがない大人もたくさんいるのかもしれない。

自分は自分の常識を疑うことを覚えることが、人間として成長するのに必要なのかもしれないと思った。

 

それはともかく、実は、自分も30を超えているのに一人旅をしたことがない。

正確には一人で旅をしたことがあるが、満足な旅をしたことがない。

一人旅が好きな知人いわく「一人旅は行った先々で新しく友達ができる」らしいのだが、そんなことは自分に起こったことはない。

一人で旅行して、観光地を適当に回って、はい終了、だ。

一人旅好きな彼に言わせると「お前は対人恐怖症なところがあるからな」だそうだ。

確かに自分には初対面の人間とあんまりうまく話せないところがある。

こういうプチ対人恐怖症の人間は結構いると思うが、みんなこのプチ問題はどうやって解決しているのだ。

う~んよくわからんので実際に旅に出て知らない人間と話しまくるしかないだろう。

初めて会った人と気さくに話せたらどれだけ気が楽か、と思ったことは過去33年でたくさんあるし、そろそろチャレンジしてもいいだろう。

「初対面の人と普通に話すのがチャレンジって、これまでどうやって生きてきたんだよ」なんて思う人もいるのだろう。これも自分と他人の常識の範囲の違いだ。

 

この眞鍋かをりの本は実はまだ全然読み切っていないけれども、とりあえず一人旅をするぞ、と決めた。

もっと教養を。

雑談なんて、めっちゃ簡単。

そう思う人は多くいるかもしれないが、自分は全くそう思えないタイプの人間。

雑談?何を話したらいいわけ?といつも考える。

仕事の話なんて休みの日に誰も聞きたくないだろうし。

じゃあ人と話すときにはできるだけ相手の話を聞き出そうかなんて考えて、「質問する能力を上げる!」みたいな本を読んでみる。

そういう本を読んだ後は、ちょっと友人知人にあったときに話し方を意識して、うまくいくことが多いわけだけど、心の底ではあまり面白くなかったりする。

「コミュニケーション能力を上げる」タイプの本はいくらでもあるし、テクニックのようなものもたくさんある。

使えばそれまでよりも円滑なコミュニケーションができるようになる。

でも結局、30過ぎて自分の考えをしっかり表現できない人間なんてつまらないわけだよね。

うわべのコミュ力だけあってもしょうがないんだな、と30過ぎてようやく気付いた。

 

表面的なトーク力だけの人間は、話していてすぐに見破られる。

話の上手い下手だけにとらわれない、本当に教養のある話をしたい。

他人ともっと深い話をしたい。

そう思ってこのブログを立ち上げた。

 

行動しなければ変わらない。

行動しながら、教養も身につけよう。

まずは、今まで読む気にならなかったタイプの本を読んで自分の視野を広げようと思う。

今までの自分の人生と全く違う世界観をアタマに入れるには、やはり他人の書いた本だと思う。